お問い合わせ
 よくある質問
 サイトマップ
トップページ NTTだより 私の趣味 ふれあいサロン ITサロン
慶 弔 ボランティア活動 趣味のサークル 健康長寿サロン 電友会だより
 トップページ > 健康・長寿サロン > 私のオススメ料理
今回から四季シリーズで“マコちゃんの楽しい料理”を掲載いたします。
 
No2. 麻 婆 麺
材料: うどん・・・・・・・・・1玉
(1人分) 合挽きミン・・・・・・40g 
なす(中型)・・・・・1本 
玉ねぎ・・・・・・・・20g
青ネギ・・・・・・・・適宜
人参・・・・・・・・・・適宜
オクラ・・・・・・・・・1本
サラダ油・・・・・・大さじ2
豆板醤・・・・・・・小さじ1
酒・・・・・・・・・・・小さじ1
だし汁・・・・・・・150cc
砂糖・・・・・・・・・小さじ1
醤油・・・・・・・・・小さじ2
ごま油・・・・・・・・適宜
片栗粉・水・・・・・適宜
作り方
@ 玉ねぎはみじん切り、ネギ・おくらは小口切り、人参は3cmの線切り
  にする。
A なすはへたを除き、5cm長さ、2cm角の棒状に切り、水に漬けておく。
B フライパンにサラダ油を入れてから火にかけ、肉を炒め、色が変わっ
  たら、玉ねぎ、人参、なす、おくらの順に加えて炒める。
C 全体に油が回ったら、豆板醤、酒、だし汁を入れ沸騰したら、砂糖、
  醤油を入れて5分ほど煮る。
D 片栗粉を水で溶いて加え、とろみをつけ、ゴマ油を加えて火を止める
  とたれが出来る。
E うどんを熱湯で湯がいて器に盛り、たれをかけ、青ネギをちらせば出
  来あがり。
応用編  a. 冷蔵庫の季節野菜を色々入れても面白い。
 b. 豆板醤の代わりにキムチを刻んで入れるとキムチ麺になる。
 家庭菜園チャレンジシリーズ No1
時期
種類
8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月
○・・・・・・○ ○・・・・・・○   ○・・・・・・・・・・・○        ○・・・・・・・・・・・・○   ○・・・・・・・・○
 土づくり  種蒔き     収  穫            種蒔き      収 穫
*土づくり ・大根は酸性土壌に強い
      ・遅くても1週間前までに終わる
        ・大根は地中に伸びるので土が固いと又根になるので、深く・細かく耕して軟さを保つ
  元 肥 堆肥(牛糞・腐葉土等)                                      
      ・かきがら・ミネラル肥料
      ・特に石灰はやらない
*畦たて  ・追肥の関係から2条植えにする。条間は、追肥、土寄せできる
        間隔をとる
   追 肥  ・1回目:本葉1〜2枚 条間に溝をつけ、施肥・覆土
         なお、あらかじめ割り肥(米糠・鶏糞等)をしていれば不要               
        ・2回目:本葉5〜6枚 条間畦横に施肥・中耕・土寄せ                  
*種蒔き  ・株間約20〜30cmに空き缶等で約1cmの窪みをつくり、4〜5粒、点蒔きして、
         約1cm覆土する                                         
  間引き  ・株間約20〜25cm間隔に蒔いて、生えた苗は、本場5〜6枚までに 1株に
         間引く
        ・間引き葉は、適宜収穫する                                   
 
     
         

○・・・・・・○  ○・・・・・・・・・・・・・・・・・・○               ○・・・・・・・・・・・・○    
 土つくり       種蒔き                       種蒔き     
            
○・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・○                      ○・・・・・・・・・・・○
  
            収   穫                        収 穫
*土づくり ・ほうれん草は、酸性土壌に弱い
      ・遅くても1週間前までに終わる
  元 肥 ・堆肥(牛糞・腐葉土等)
      ・苦土石灰
      ・鶏糞・油粕等
*畦たて ・条間は約20cm
  追 肥1回目:本葉1〜2枚 株間約3cmに間引き、条間に施肥、除草中耕
      ・2回目:本葉5〜6枚 株間約60cmに間引き、条間に施肥、除草、中耕
*種蒔き  ・種を蒔く前に、土を鎮圧する                                  
      ・覆土は種が僅かに隠れる程度に浅く土をかける
 (注):冬のほうれん草で、根の好きな方は、根が真っ赤になる日本種を蒔こう
(留意事項)
   1.6〜9月に種蒔きするものは、芽が出たらオルトラン粒剤を根の周りに撒く。(無農薬栽培でも止
     むを得ない)
   2.無農薬で野菜を作るとき、青菜類(春菊・ほうれん草を除く)は、防虫網をするとよい。(キャベツ・
     白菜は夜盗虫に注意)
   3.化学肥料は、極力ひかえる。(化学肥料で育てた野菜は、害虫の大好物)
   4.雑草取りは、ほどほどに。(雑草を全部抜くと、害虫は作物にみんな集まる)
   5.種蒔き、苗の植え付け前の段取り
      *植え付け2週間前までに、苦土石灰等を散布して、土壌を中和させる。
      *植え付け1週間前までに、堆肥(腐葉土・牛糞等)・糠・鶏糞・少量の元肥化成を鋤きこむ。
                                                                    
 家庭菜園チャレンジシリーズ No2
 ◎ 有機無農薬野菜の話し (西本輝彦氏提供)
 ○私の畑は約500uで、5年前から有機無農薬野菜を栽培しています。自家栽培とスーパーなどで販売され
   ている野菜の品種とは約90%違います。
  スーパーで販売されているほとんどの野菜は、F1種(日本が開発)が遺伝子組み換え種子で作られた野菜。
   近代農法の3点セット     @F1種 A化学肥料 B農薬
 ○野菜の栄養価今昔比較
         1951年 : 化学肥料の無かった時代
         2001年 : 化学肥料が主流の時代
日本科学技術省の分析 1951 2001
    ホウレン草

    人    参

    ト  マ  ト
ビタミン類
カルシュウム類
鉄   分 10
 〇野菜の栄養価比較 : 有機栽培と化学肥料(オーストラリア政府調査結果)
カルシューム
カリューム 10
マグネシューム
 (注) 特徴  化学肥料で栽培された野菜の栄養価は、極端に減少している。
          サプリメントが必要なのは、大人ではなく子供や孫である。
 ○F1種と言われるタネについて
   ・タネの区分
     (1) 自然交配 : 在来種・交配種
     (2) 人口種   : 自然界ではありえない種(自然では交配しないので、近交系品種を人口交配・
                  放射線をあてて突然変異を起こさせる・細胞と細胞を無理やりくっつける等)
   F1種とは、「雑種一代」「ハイブリット種」「一代交配」等と呼ばれる一代限りの種で、バイオ技術を駆使
   つくりあげたもの。
    現在最も広く利用されているのが雄性不稔植物(葯(ヤク)や雄しべが退化し花粉が機能不全になった
   植物)を使用する方法です。
   (注) F1種は、異なる性質を持ったタネを人為的に掛け合わせてイイとこ取りした種で「雑種一代」と呼
       ばれ、自然交配されては困るので受粉しないように除雄を人工的に実施していたが、突然変異で
       雄性不稔植物ができて手間が省け、急速に普及した。
    (注目)原因は不明であるが、最近ミツバチが激減(女王蜂が卵を産まない・雄蜂が飛散)しているのは
       わからない。最近若年層の男子の精子が減少しているといわれるが、人体への影響まも?
   人口種の特徴
     @ 一斉発芽・成長が速い・収穫量が多い・甘い・柔らかい・見た目が良い等
     A タネをとって翌年蒔いても発芽しない・二代目では同じものは決してできない等
     人間の意図したとおりの種は化学肥料と農薬がないとできない。
 ○野菜の栄養価が約1/3以下になった理由(西本私見)
   成長の早いタネを使うか 化学肥料を使うかで即効性がえられる。
   原因の多くは成長期間が有機栽培の2/3程度で根を伸ばさなくてすむので、土中のミネラル分等をを取り
   込むことができないためと考えられる。
   (参考) 有機肥料は有機物から微生物により無機化されて肥料になるので時間がかかる。
   
 ○肥料について
     肥料の区分
      @有機肥料:地中の微生物等が分解して無機化し、肥料分となるため効き目が遅い。
        (市販品:有機石灰(カキガラ粉末)・鶏粉・油粕・米ぬか・骨粉・ぼかし肥料等)
      A化学肥料: 無期物で即効性あり
        ・窒素肥料:大気中の窒素と石油、天然ガスから水素を作り アンモニアに変換して混合。
        ・カ   リ :カリ鉱石
        ・リ ン 酸 :りん鉱石
        ・石  灰 :セメントの原料で土を中和させるが土が固くなる
     *問題点 @化学肥料を使うと土中の微生物は食べるものがなく、いなくなる
            A虫がよく付く、即効性はあるが野菜が土中の窒素分をありったけ吸収するので植物は
              吸収量に応じてアミノ酸を増やすため、害虫の養分になってしまう
              (有機栽培でも施肥がすぎると、おなじこと、軟効性のため、多少被害は少ない)
     *利 点 化学肥料を使用すると、収穫期間が短縮され比較的根を張らないので、畑を深く耕さなくて
            済む?
 ○結論として
      @有機肥料は野菜の主食とする
      A化学肥料は主食で足りない栄養剤(サプリメント)と考えるか、使用しない
      BF1種など人口タネは、自家栽培には使用しない方が良い(大人は先がないのでどうぞ!!)
      C有機無農薬栽培は見た目が悪く収穫量が2/3程度になる
 ○農薬について
      @作物への残留問題だけでなく、使用する生産者の健康被害のリスクを高める
      A地下水や環境を汚染するリスクも高める
      B土や生態系のバランスを崩したり、病原菌や害虫の農薬耐性が強くなる
      C植物には病原菌や害虫の影響をうけると、それに対する免疫のような防御物資「生体防御タンパ
        ク質」を生成させる 
        防御本能に起因するもので、従来からアク、エグミ等アレルギー成分を含むものがあるが、無農
        薬野菜の残留農薬についての比較をするための基準がない
      (注)
        私見:規定どうりに農薬を使用すれば、人体に影響を及ぼす程の残留はないと云うが、同時に
        「リスクは存在する」ということではなかろうか?

 ○その他
     科学的に証明できないが、実験等で結果が出ている事象
      @人参の長期保存結果(テレビより)
       ・化学肥料使用の場合: 腐敗
       ・有機肥料使用の場合: 発酵しカビ発生
       ・自然保存の場合   : 黒ずんで枯れる(良い香り)
      A卵の長期保存
       ・有精卵         : ヒヨコ孵化(温度条件あり)
       ・無精卵         : 腐敗
        (栄養価は同じでも、有精卵は長期保存ができるが無精卵より高いのに買う人がある)
      B飲料水の保存
       ・上水道         :夏場3日程度で腐敗する
       ・地下水         :長期間(約1ヶ月)腐敗しない(厚生省認定水質)
       (参考) 
        我が家の地下水(厚生省「おいしい水研究会」の基準値適合の超軟水)を数年飲んだ
        アトピー症の子供が完治した
        淡水魚は上水道(カルキ含有)を直接入れると死ぬる
       C子供の好き嫌い
       ・安全な食べ物でも嫌いなものを食べさせると、消化が悪いことが実証された

 ○まとめ
       「病(ヤマイ)は気(心)と口から入った食べ物で発生する」と考える。
      幼少期、白米(粕)は食べれなく、主として雑穀、野菜は近隣(身土不二、一里四方)で出来たもの
      勿論自然交配種を食べて育た。農薬はなかった(稲作はもしかして農薬があった?)お陰で、生野
      菜を食べたら、完熟しない黄金肥料?で蛔虫がお腹に湧いた。
       今日、過去と変ったものは、“化”のついた石油鉱物等で肥料・農薬と自然界だは発生しない人工
      物のタネ? これらは自然界では決して循環しない。
       それに付け加えれば、放射能も基準値以内なら人体・農作物に影響はないと言われながら、地球
      は放射能に汚染れている。理由は皆さんご存知のとおり・・・
      (参考)
       1.農薬には、安全の基準値が設定されている。濃度、使用回数、食べるまでの期間等、人体に
         影響しない注意書きがある。しかしそれを守ったからと言ってリスクが無くなった訳ではない。
         気持の問題とはいえ、せめて生野菜は有機無農薬栽培をパリパリ食べたいものよ!!
                                                 =プラシーボ効果:安心感=
       2.昔は、希にしか発生しなかった自殺・殺人・陰湿なイジメ等々と薬にステロイドを使う種々の病気
         の原因は何だろうか?・・・食べ物との因果関係は?
       3.日本人は農耕民族、大自然の生態系を壊さないよう子孫に引き継ぎたいものよ!!
       4.日本は、食品衛生法で義務付けだけはされているが、出来た野菜には表示はない。種だけ?
         TPP等々考えるとキリがない。食べ物よイズコへ!!
      
 (雑 感)
    近年、アトピー性皮膚炎の子供を多く見かけるが、何んでしょうか?食べ物ではないかと気になります。
    また、薬はステロイドのせいでは・・・人体への影響ではないかと心配です。
                                       
                                        以 上    西本 輝彦 のこころだ                                     
健康長寿サロンの目次へ戻る
Copyright (c) 2005 NTTOBnetchugoku All rights reserved.